サイトマップ

日本のリロケーション

リロケーションという言葉は聞いたことはあるが、その意味についてはよく分らないという人も多いのではないでしょうか。いわゆる転勤族の方はよくご存知かも知れませんが、リロケーションとは、転勤などで空き家になってしまう留守宅を一定の間だけ賃貸する、その管理業務のことを指します。元々はリロケーションサービスとしてアメリカで生まれた産業でしたが、これは留守宅の管理というより、転居に伴う諸々の手続き全てを代行する業務となり、渡航手続きから家の売却、手配から子供の教育に関する相談ことまでもが含まれています。欧米ですと、日本のように転勤の際に自宅を賃貸するという考えは一般的ではありません。売却を考える人がほとんどです。これが日本の場合ですと、やっと手に入れたマイホームをたやすく売却してしまうということは考えにくく、転勤から戻ればまた元の家に住みたいという意向が強いため、日本のリロケーションといえば、空き家の一定期間の賃貸管理業務のことを指すようになったのです。

このような日本のリロケーション業務が登場したのは、平成12年の借地借家法改正以降のことでした。定期借家権の施行により、賃貸の一定期間経過後にその契約を終了することが法的に可能となったのです。それまでの定期借家権のない時代ですと、借主から家を明け渡してもらえないといったトラブルが発生しがちでした。そのため、本来なら空き家の賃貸収入を得て、マイホームのローン返済に充てたいところを、空き家のままにせざるを得なかったのです。しかしその法の改正のお蔭で、安心の元に空き家を賃貸することが可能となったわけです。昨今の日本はグローバル化が進み、リロケーションの内容も欧米並みに変化しています。しかしそもそも第三者に貸すことが前提ではない建物を賃貸管理するため、業務を請け負う不動産会社も不慣れな点からトラブルが起きがちです。リロケーション会社を選ぶ際にはしっかりとしたノウハウと経験のあるところを見極める必要があるでしょう。

▽特選サイト
リロケーション会社を選ぶ際に便利な一括見積サイトです ⇒ リロケーション会社

メインコンテンツ

その他のコンテンツ